厳選!地ビール

ホーム/厳選!地ビール

経堂地ビール(東京都)

ビアフェスタ初登場!東京農大を卒業した夫婦が世田谷で造るこだわりの地ビール!   3月は東京都から経堂地ビールをお届けいたします。 東京農業大学のお膝元、経堂で、卒業生のご夫婦が作るこだわりのクラフトビール!ビアフェスタ初登場です。 世田谷区にある小田急線経堂駅から徒歩3分「後藤醸造」に醸造所はあります。さらに併設する立ち飲みバーでも季節のクラフトビールがお楽しみいただけます。 (※営業時間等は順次変動いたします。お問合せください。) ”どんな食事にも合うクラフトビールを作りたい”その一心で後藤夫婦は自社工場でクラフトビールの開発、製造を行なっています。限られた数量しか作ることのできない貴重な経堂地ビール! 本ビールは、通常お届けする330mlより大きい500ml!なんと通常お取り扱いをしていないビアフェスタ特別セットとして、3種類をセットにして4本セットでお送りいたします。 経堂地ビールよりお届けするビール 経堂エール [...]

By |2022-03-12T20:38:22+09:002022年3月12日|厳選!地ビール|0 コメント

志賀高原ビール(長野県)

昭和30年代後半まで日本一のホップの産地だった長野県で作られたクラフトビール   2月は長野県から志賀高原ビールをお届けいたします。 北信州に構える醸造所は、初代が修行をされた上州玉村にちなみ「玉村本店」との屋号にされたとか。 歴史を誇る蔵元で、周辺には湯治屋として有名な湯田中温泉や渋温泉がある自然豊かな場所に、木造の古い倉庫を改修して造られた醸造所と、白く輝く新たに建てられた醸造所がとても対象的なコントラストで並んでいます。 志賀高原の湧き水を仕込み水として使用し、自家栽培の酒米「美山錦」や厳選した麦芽・ホップを原料とし、さらに 自家栽培の蕎麦、ブルーベリーなどの副原料を使用して、手造りで醸造される非熱処理で無ろ過の酵母が生きているビールです。 2005年にホップをつくりはじめた当時、「世界に通用する他にないビール」をつくりたいと思い、日本一のホップの産地だったこの地で、自分たちで原料づくりから関わってみたいと思い、畑つくりから始めたそうです。 「この地ならではの自分たちが飲みたいビール」を目指し、寒冷な気候と良質な水を活かした真剣に「農」にこだわったビール。 最高の品質を求めて最新の設備を導入しつつ、この地だからできる味、小規模だからこそできる遊びを楽しめるビールをお楽しみに。 [...]

By |2022-03-12T20:33:37+09:002022年2月12日|厳選!地ビール|0 コメント

ファーマーズフォレスト(栃木県)

1月は栃木県宇都宮市よりファーマーズフォレストブルワリーのクラフトビール飲み比べセットをお届けいたします。 今回お届けするクラフトビールは「道の駅うつのみや ろまんちっく村」で生まれました。 46ha(東京ドーム10個分)という広大な面積の中に、農産物直売所や地物の食材が楽しめる飲食店のほか、体験農場や森遊び、ドッグラン、温泉やプールに宿泊施設がある、都会的な日常では経験できないやさしい時間があふれている滞在体験型ファームパーク。 その中に「ろまんちっく村クラフトブルワリー」があり、地元農林業の振興・地産地消を推進し、麦処である栃木県宇都宮産の二条大麦(ビール麦)の麦芽を使用したビール造りを行っています。 ファーマーズフォレストよりお届けするビール インペリアルスタウト スタイル: インペリアルスタウト アルコール分: 11.5% 赤ワインのような芳醇な香り、チョコレート麦芽による焙煎香。 [...]

By |2022-03-12T20:38:06+09:002022年1月12日|厳選!地ビール|0 コメント

道後ビール(愛媛県)

12月は愛媛県松山市より道後ビールの飲み比べセットをお届けいたします。 名湯道後温泉のクラフトビール『 道後ビール 』と愛媛県産ブランド品を使用したフルーツビール『 道後エール 』のオリジナルセットです。良質のモルトを贅沢に使った日本最古の歴史を誇る名湯道後温泉のクラフトビール『 道後ビール 』と、愛媛県産ブランド品使用のフルーツビール 『 道後エール [...]

By |2022-03-12T20:40:47+09:002021年12月12日|厳選!地ビール|0 コメント

DHCビール(静岡県)

11月は静岡県御殿場市よりDHCビールの飲み比べセットをお届けいたします。 富士山の裾野、御殿場市にて醸造されるクラフトビール。 アジア・ビアカップ2016ライトラガー部門金賞のラガービール、ビール本来の麦芽と酵母の旨みが味わえる人気No1ゴールデンマイスター[無濾過]、アロマホップの豊かな香りとコクの絶妙なバランスにこだわったプレミアムリッチエール、オレンジピールとコリアンダーによるフルーティな香りが特長のベルジャンホワイトを加えた人気の詰合せセットです。 クラフトビールならではの様々な風味や、酵母の旨みをお楽しみください。 DHCビールよりお届けするビール DHC ラガービール アルコール度数:5% 爽快なホップ香と麦芽のやさしい甘みが魅力のラガービール。ニュージーランド産のホップを使い、ほんのりとレモンやライムのような香りで後味はキレのあるビールに仕上げました。毎日でも味わいたくなる飲み飽きなさを追求したビールです。 DHC [...]

By |2022-03-12T20:40:20+09:002021年11月12日|厳選!地ビール|0 コメント

霧島高原ビール(鹿児島県)

チェコ生まれ薩摩育ち   10月は鹿児島県より霧島高原ビールをお届けいたします。 ビール製造免許が緩和され、小さなブルワリーでもビールを製造することが可能となった1994年。 日本古来の麹の研究を行っていた会長が「麹の研究者として美味しいビールが造れるのでは」と思ったのがきっかけです。 最高のビールを探して世界中を旅して回った先に行き着いたのが、チェコのピルスナービールでした。 「絶対にこのビールを日本で造る!」という強い思いのもと、数々の困難をくぐり抜け、原料の麦芽、ホップ、醸造設備、そして職人ブルーマスターまでも、独自にチェコから国内に導入することに成功。そして科学的な側面からも徹底的にチェコのピルスナービールを分析しました。 その結果、硬度は2.8という超軟水のチェコのピルゼンの水を使用して製造されていることがわかりました。 水の性質は、味だけではなく、のどごし、キレなどビールが持つその全てを大きく左右する重要なもの。 霧島高原ビールの醸造に使用する地下水の硬度を調べてみたところ、なんと、チェコのピルゼンの水と同じ硬度2.8の超軟水であることがわかり、一同、歓喜に包まれたとか。これも運命ですね。 [...]

By |2022-03-12T22:42:29+09:002021年10月12日|厳選!地ビール|0 コメント

穂高ビール(長野県)

北アルプスの恵みと確かな技術が造りだす   穂高ビールは、豊かな自然に恵まれている長野県安曇野市にあるエイワ穂高ブルワリーで、北アルプスの雪解け水を源とする穂高の清らかな美味しい天然水を仕込み水として使用し、 厳選された麦芽・ホップを使用して1997年から醸造されています。 また、地域元気づくりの支援事業として、安曇野市堀金にある株式会社斉藤農園様(安曇野産ホップを生産する会)に栽培をお願いし生産が始まったホップを一部使用して作られています。 確かな技術をもつビール職人が丹精込めて造りあげるビールは、手作りならではのしっかりとした味わいと、豊かでフルーティーな香りが特徴。 ブルワリー併設のレストランでは、ビアテイスターの資格をもつシェフが、ビールに合うお料理とともにお待ちしています♪ 穂高ビールを代表するアルトとケルシュは、酵母を常温で短期間で発酵させる「上面発酵」の生ビール。 それぞれジャパン・アジア・ビアカップ2011で金賞と銀賞を受賞したビールです。 このご時世、ご自宅でちょっと窓を開けて、虫の音を聞きながら秋の夜長に月を見ながら味わうのは、ちょっと贅沢な素敵な時間になりそうですね。 [...]

By |2022-03-12T20:44:50+09:002021年9月12日|厳選!地ビール|0 コメント

反射炉ビヤ(静岡県)

ビール造りの伝統と革新   8月は静岡県より反射炉ビヤをお届けいたします♪ 反射炉とは、鉄の精錬に使われた金属溶解炉の一種で、醸造所は世界遺産にも登録されている日本で唯一現存する実用反射炉の目の前にあります。 韮山反射炉の目の前で製茶業を運営してきた蔵屋鳴沢が、反射炉を訪れる観光客をもてなしながら、美味しいビールも提供したいと考え醸造を始めたのがきっかけ。醸造所の裏からは、自社の茶畑と反射炉と富士山というここにしかない贅沢な絶景が見られます。 「反射炉ビヤ」の名前は、韮山反射炉を築造した伊豆の名代官「江川太郎左衛門英龍」にあやかったもの。 日本で初めてパンを焼き、西洋式軍隊を組織するなど、激動の幕末に未来を見据えて新しいものを取り入れた太郎左衛門。 そんな地元の偉人への敬意が込められています。 反射炉ビヤよりお届けするビール 太郎左衛門 [...]

By |2022-03-12T20:44:24+09:002021年8月12日|厳選!地ビール|0 コメント

エチゴビール(新潟県)

ロマンを語ろう、舞台に立とう!   7月は新潟県よりエチゴビールをお届けいたします。 日本初の地ビールとして誕生した「エチゴビール」。 演劇家である創業者が体験した、ドイツの豊かなビール文化と欧州各国の芸術が原点となっており、故郷である新潟から日本にこれを広めたいという想いがエチゴビールのはじまりです。 また、エチゴビールのトレードマークの山羊のイラストは、創業者が欧州で出会ったドイツ人の女性絵本作家によって描かれたもの。 雄ヤギはドイツやチェコでは多産・豊作・商売繁盛のシンボルと言われています。 エチゴビールではこの創業者の志をずっと継承し「日本のビールや世界のビールの舞台で、生き生きと演じ続ける役者でありたい」と願っています。 夢を語り、多くの人々の舞台につながり続け、応援することを考えてビールづくりを行っているエチゴビール。 それぞれがしっかりとした個性を持ち、繊細でバランスの取れた味わいの“役者たち”をお楽しみに! [...]

By |2022-03-12T20:45:47+09:002021年7月12日|厳選!地ビール|0 コメント

ナギサビール(和歌山)

深みのある優しい余韻   6月は和歌山県よりナギサビールをお届けいたします。 自然豊かな南紀白浜で生まれ醸造されているナギサビール。 ナギサビールという称号は、代表の真鍋家が代々受け継いできた屋号「渚」から名づけられました。ナギサビールは三代目です。 ナギサビールは熱処理やろ過をせず、ビール工場のタンクから直接瓶や樽に充填しているため、グラスを顔に近づけるだけで芳醇な香りに包まれます。 また、多くの方に南紀白浜を知ってほしいという願いを込めたボトルラベルには南紀白浜の地図がほどこされています。 その他にもナギサビールのラベルには秘密がたくさん。 ビールの発行を始めた販売年の「First Breath [...]

By |2022-03-12T22:41:15+09:002021年6月12日|厳選!地ビール|0 コメント

THE 軽井沢ビール(長野県)

飲んだときに幸せを感じるビール   5月は長野県よりTHE 軽井沢ビールをお届けいたします。 軽井沢は水と澄んだ空気に恵まれたビール製造に最適な土地。 浅間山が連山をなす美しい風景を望む場所に醸造所があります。 一見醸造所とは思えないようなスタイリッシュな外観の醸造所は、内観も美術館のような工場玄関ホールには、訪れた人々を神秘と静寂の世界へ誘う千住画伯の滝の代表作「ウォーターフォール」が飾られ、千住画伯の絵は軽井沢ビールのラベルにも使用されています。 ビール造りへの永年の夢と軽井沢を愛する気持ちから、 製菓用洋酒輸入を手掛けるドーバー洋酒貿易株式会社と、 製菓用洋酒製造を担当するドーバー酒造株式会社の関連会社として、2011年5月に設立した大型工場を設立したブルワリーです。 [...]

By |2022-03-12T20:48:07+09:002021年5月12日|厳選!地ビール|0 コメント
Go to Top